コルチコトミー

当院では矯正治療の期間を短くしたい方を対象に、コルチコトミーという加速矯正のメニューを用意しています。
コルチコトミーは、外科的処置を伴うため高度な技術を要し、対応できるクリニックはあまり多くありません。

コルチコトミーとは?

コルチコトミーとは

コルチコトミー(歯槽骨皮質骨切術)は、矯正治療の期間を短縮するための手術で、一般的には加速矯正(スピード矯正)と言われる治療法です。

この加速力は非常に優秀で、通常2〜3年ほどかかっていた矯正治療が、コルチコトミーの登場により治療期間を数ヶ月〜1年ほど縮めることができるようになりました。

具体的にはどんな手法なのか?

歯槽骨と呼ばれる歯を支える骨が歯茎の中にあるのですが、この歯槽骨の表面(表層部分)である皮質骨に切れ込み(傷)を入れることで治療期間を短くするのがコルチコトミー法です。
あえて骨を傷つけることで骨の代謝を早く促し、その骨の回復力と矯正装置(ワイヤー)による矯正力を合わせることで、歯が土台にある骨と一体になって動き、より早く矯正治療が進行します。

また、骨は傷つくと回復前よりも強くなる性質があるため、矯正治療の期間を短縮できるほか、矯正治療後の後戻りや歯根吸収がしにくいという特長もあります。

イラストで簡単に説明

超音波メスによる切開

当院で行うコルチコトミーの手術は、ピエゾサージェリー(超音波骨切削器具による骨外科)と呼ばれるものになります。
ピエゾサージェリーは、必要最低限の骨しか削らない点(低侵襲)と、超音波の振動により歯が早く動くようになる点が特徴として挙げられます。

  • 痛みが少ない
  • 低侵襲のため術後腫れにくい
  • 出血が少ない
  • 治癒が早い
  • 歯が早く動く

掲載論文

コルチコトミーは加速矯正の中で唯一論文で実証されたエビデンスのある治療法

東北大学大学院歯学研究科『歯の移動を促進させる加速矯正治療のメカニズムを解明 〜矯正治療の期間の短縮へ光明〜』

コルチコトミー手術の流れ

コルチコトミー手術は、患者さんの特定のご要望や担当する歯科医師に応じて様々ですが、基本的な手順は一般的に以下の通りです。

  1. 事前評価と計画

    まず、歯科医師は患者さんの口腔内の評価を行い、具体的な治療計画を作成します。

    治療計画は一人一人お口の状況によって異なり、レントゲン撮影やCTスキャンなどで取った精密なデータを元に、歯科医師はどの骨にどれくらいヒビを入れるか、そしてどのように歯茎を切開するか(正確な位置や深さなど)を決定します。

    事前評価と計画
  2. 麻酔と手術

    手術には痛みを伴いますので、術中にできるだけ無痛の状態を維持できるように、局所麻酔(場合によっては静脈内鎮静)を使用して患者さんのお口の中を麻痺させます。

    この時、患者さんによって痛み方や麻酔が切れるタイミングは異なりますので、適切な麻酔剤と麻酔量を選択する必要があります。

    麻酔と手術
  3. 手術後の処置

    手術が完了したら、歯科医師は必要に応じて口腔を清潔にし、抗生物質を処方することもあります。これは、感染を防ぐための重要なステップです。

    手術後の処置
  4. 矯正装置の装着

    ここまで終了した後、矯正装置を着用します。ワイヤーとブラケットを用いて歯を動かし、歯並びを改善させます。
    ※コルチコトミーを行う場合、マウスピースは使用できません。

    矯正装置の装着

コルチコトミーは
全ての歯科医院で
対応できるわけではない

コルチコトミーは全ての歯科医院で対応できるわけではない

矯正医と口腔外科医の連携が必要

コルチコトミーは、その特性上、高い技術と経験が要求されます。手術の精度と成功率は、ドクターの技量、骨の解剖学的な理解、そして患者さん個々の健康状況に対するドクターの洞察力に強く依存します。
そのためコルチコトミーは、大学病院で専門的に学んできた矯正専門医または口腔外科専門医の存在が不可欠になり、全ての歯科医院で提供できるわけではないのです。

さらに、コルチコトミーを適切に行うためには特殊な器具や設備が必要

上記の通り、専門技術を持つ歯科医師の数の問題、揃えなければならない設備の問題などから、提供できる歯科医院が全国的にとても少ないため、コルチコトミーを検討している(=矯正治療の期間を短くしたい)患者さんは、手術を提供する歯科医院を慎重に選ぶ必要があります。

手術を行う医師の経験と資格、手術の成功率、そして過去にその歯科医院で治療を受けた患者さんの口コミや評判を参考にしながら治療を受ける歯科医院を選びましょう。

コルチコトミーのメリット

コルチコトミーのメリット

矯正治療の期間を大幅に短縮できることが、コルチコトミーの最大のメリットです。
また、矯正治療の最大のリスク・副作用だった、歯根吸収と後戻りがあまりないというのもコルチコトミーのメリットです。

コルチコトミーを受けると、切れ込みが入った歯槽骨と歯が一緒に動くため、歯根に過度な力がかかりません。これにより歯根吸収をしにくくなるのです。

また、通常矯正によって動かされた歯は、移動前の元の場所に戻ろうと(後戻り)しますが、コルチコトミーによってダメージを受けた骨は再生する際に骨質が改善されるため、矯正治療後は安定的になり、後戻りしにくくなります。

コルチコトミーのリスクと考慮すべき点

しかし、コルチコトミーは一部の患者さんにとってリスクを伴う可能性もあります。手術による感染、出血、痛みなどがあります。
そのため、手術を行う前には、医師と十分にリスクとメリットについて話し合うことが重要です。

また、コルチコトミーは外科手術のため、その後の経過観察や矯正治療の進捗度合いの確認も含め、定期的に歯科医院に通わなければなりません。
患者さんの健康と安全のためですので、ご協力いただけたらと思います。

最新の技術
コルチコトミーと矯正歯科の進歩

科学の進歩により、コルチコトミーの手法も大きく進化しています。元々、コルチコトミーは矯正治療の期間を短縮するために開発されましたが、その適応範囲は現在拡大しています。
例えば、コルチコトミーは今や口腔内の複雑な症例、例えば重度の不正咬合を治すための外科的な処置を伴う矯正治療でも使用されるようになりました。

今後も、切開の位置やその深さの最適化や、骨形成に使用する生体材料の安全性の向上、最小限の侵襲で高い効果を引き出すための手法がどんどん探求されていくと思いますので、より快適に矯正治療を受けることができるようになるはずです。

まとめ
最後にここだけお読みください

コルチコトミーは矯正歯科治療の一部として、その効果と応用範囲を広げています。それは大きな利点をもたらす可能性がある一方で、外科手術を行う必要があるため、術後の腫れや痛み、ダウンタイムの発生などのリスクも伴います。

当院では矯正の専門医はもちろん、口腔外科の専門医も在籍していますので、外科的な処置を伴う矯正治療も対応可能です。
歯並びに関する相談は無料ですので、まずは一度私たちにご相談いただけたらと思います。

矯正0
カウンセリング実施中

「⻭並びを治したい、
でもいきなり治療に⼊るのは怖い」
そんな方へ当院では無料カウンセリングを承っております。

  • 気になる箇所だけ治したい
  • 矯正治療の種類が知りたい
  • 予算は?